BBS


※スパム対策のアクセス制限のため、一部の書き込みができなくなっております。 お手数ですが、問題が生じた際は、こちらまでご連絡ください。


[ツリー表示] [トピック表示] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)

米国アカデミー賞公認国際短編映画際が、2012年の開催に向け上映... 投稿者:ショートショート実行委員会 投稿日:2011/10/27(Thu) 16:11 No.121 home   
突然の書き込みにて失礼いたします。

***

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画際「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」では、2012年の開催に向け、下記の6つのカテゴリーで作品を募集しています。

●ジャパン部門 (25分以内/ジャパンプレミア/2010年6月以降に制作された作品)
  ※米国アカデミー賞短編部門ノミネート選考対象の部門になります
●NEO JAPAN(非コンペティション/25分以内/ジャパンプレミア不問)
●旅シヨーット!プロジェクト(20分以内/ジャパンプレミア不問/旅がしたくなる作品)
●ストップ!温暖化部門(25分以内/ジャパンプレミア不問/温暖化をテーマとした作品)
●ミュージックShort部門(10分以内/映画祭指定の音楽を使用/2010年8月1日以降に制作された作品)
●CG部門(25分以内/ジャパンプレミア/2010年6月以降に制作された作品/フルCG作品)

詳しい募集要項は、下記のウェブサイトをチェック!

http://www.shortshorts.org/2012_call_for_entry/

<応募締め切り>
一次〆切:2011年11月15日 ※ジャパン部門のみ
二次〆切:2012年1月16日

※ジャパン部門に限り、一次〆切までに応募された作品から、優先的に選考にはいりますので、二次〆切前に上映作品が決定してしまった場合はご了承ください。

公募に関するお問い合わせ: submission@shortshorts.org (ショートショート実行委員会)

「映画・映像業界就職セミナー2011・秋」開催のお知らせ 投稿者:キネマ旬報社 投稿日:2011/09/14(Wed) 16:35 No.120   
管理人様、突然の書き込み失礼します。
不適切な場合、お手数ですが削除をお願いします。

====================================
映画の世界で働きたい!
「映画・映像業界就職セミナー2011・秋」開催決定!
====================================

―今回で12年目を迎えた「映画・映像業界就職セミナー」
本セミナーには、これまで多くの方にご参加いただき、実際に映画・映像業界に入られたセミナー参加者も多数いらっしゃいます。そんな先輩社員たちからナマの声を聞く、またとないチャンス!
「どうやって合格を勝ちとったの?」「実際にどういう仕事をしているの?」「映像業界の魅力ってなに?」……映画・映像業界への就職活動を始めるにあたって、誰もが抱くたくさんのギモンを、ぜひぶつけてみてください。
多くの方のご参加をお待ちしております!

【募集要項】
●日時:2011年11月27日(日)
セミナー 10:00〜16:30
懇親会  17:00〜19:00
●会場:虎ノ門・発明会館ホール(東京都港区虎ノ門2-9-14) 
●料金:セミナー/9,450円(税込)
      セミナー+懇親会/14,700円(税込)
※キネ旬ムック『映画・映像業界就職ガイド2013』(2011年11月下旬発売予定)付き
●定員: セミナー260名 懇親会80名
※定員になり次第締め切りとさせて頂きます。懇親会をご希望の方はお早めにお申込下さい。
(申込方法)キネマ旬報映画総合研究所ホームページよりお申込下さい。
http://www.kinejun.com/kri/work/seminar/tabid/183/Default.aspx

【プログラム】
講義1「就活時に“これだけは知っておきたい”映像業界基礎知識」
講師:四方田浩一 (キネマ旬報映画総合研究所 所長)

講義2「成功のヒント満載!人事部が語る採用のポイント」
司会:田中和彦氏 (株式会社プラネットファイブ 代表取締役)
講師:和田健吾氏 (東宝株式会社 人事統括室) ほか

講義3「新卒入社の先輩社員が語る、面接通過術と仕事内容【現場座談会】(仮題)」
司会:稲田豊史氏 (株式会社キネマ旬報社 出版編集部長)
講師:加茂義隆氏 (株式会社ハピネット ピクチャーズユニット 製作企画チーム)
講師:森島奈月氏 (株式会社電通 テレビ&エンタテインメント局 エンタテインメント事業室)
ほか、松竹株式会社、在京キー局から若手社員が登壇予定

講義4「外国映画買い付けのトップランナーが語る映像業界の魅力(仮題)」
講師:津田哲裕氏 (ワーナーエンターテイメントジャパン株式会社 ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューション)

講義5「成長著しい『BeeTV』のマーケティング発想を就活に活かす(仮題)」
講師:村本理恵子氏 (エイベックス通信放送株式会社 取締役 事業編成戦略本部 事業戦略室長)

--------------------------------------------------------
映画業界を目指す人必携!
キネマ旬報ムック『映画・映像業界就職ガイド2013』11月下旬発売予定!!!

映画買付、テレビ局での番組制作、映像制作、劇場……映像関連の仕事は多いけれど、毎年どうやって就職活動をしているの? 仕事内容は? どんな会社があるの? ……と疑問はつきません。本ガイドでは、映像に関わる様々な会社と職種を紹介。また難関を乗り越えた先輩社員のコメントや体験記も掲載しています。本年度は好評の「先輩社員の体験記」頁をさらにボリュームアップし、彼らの偽りなき体験と努力、そして成功のカギを披露して頂きます。映像業界志望者は必携!のガイドブックです。

●キネマ旬報ムック『映画・映像業界就職ガイド2013』
 キネマ旬報映画総合研究所・編 A5判型/240ページ予定 予価:1,500円(税込)

お問合せは、キネマ旬報社 出版営業部まで
TEL:03-6439-6462 
http://www.kinejun.com

また合同上映会をやりましょう 投稿者:千葉大シネマウント 投稿日:2011/07/05(Tue) 12:22 No.119   
お久しぶりです。

千葉大の映画製作サークル「シネマウント・フィルム・パーティー」です。

今年も夏合宿で沖縄(9/1〜9/6)に行きます。

9月2日か9月3日に、また合同上映会をやりませんか?

下記アドレスに返信を下さい。

cinemount_film_party@yahoo.co.jp

第12回TAMA NEW WAVE応募開始のお知らせ 投稿者:TAMA映画フォーラム 投稿日:2011/06/04(Sat) 16:53 No.118   
突然の書き込み失礼いたします。

毎秋、東京都多摩市で開催している映画祭 TAMA CINEMA FORUMは
昨年20周年を迎えましたが、その中核をなす若手作家のコンペティション
<TAMA NEW WAVE>も今年で第12回を数えます。

深川栄洋監督、安田真奈監督、石井裕也監督などノミネートされた作家の
その後のご活躍も顕著になってきております。

ショートフィルム全盛のなか、作家性を十二分に発揮した
30分以上の中・長篇の作品を広く募集しております!

☆グランプリ賞金 20万円
☆特別賞賞金   5万円
☆応募締め切り 7月8日(金)必着
(お早めにご応募ください)

詳しくは、http://www.tamaeiga.org/ をご覧ください。
(Twitterはこちら! ⇒ http://twitter.com/tcf_nw
皆様の沢山のご応募を心待ちにしております!!
http://www.tamaeiga.org/

第四回シューレ大学国際映像祭のお知らせ 投稿者:シューレ大学映像プロジェクト 投稿日:2011/04/28(Thu) 18:52 No.117 home   
突然ですが、失礼します。

「第四回シューレ大学国際映像祭―生きたいように生きる―」では上映作品を募集しています。ぜひご応募ください。

■応募〆切日:2011年5月31日(火)必着
http://shureuniv.org/filmfes/

■テーマ
「生きたいように生きる」をテーマにした映像作品。ジャンルは問いません。

■特別審査員 原一男 はらかずお
映画監督。ドキュメンタリーを中心に観る者の感情を揺さぶる映画を撮り続けている。主要な作品に「さようならCP」「

ゆきゆきて、神軍」「またの日の知華」など。
最終日には原監督から作品へのコメントを直接聞くことができます。

※詳細は上記URLからアクセスできるwebページをご覧ください。

Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |

No. 暗証キー


映研に入りたい方へ | 携帯電話用サイト | サイトマップ
プライバシーポリシー | 本サイトの利用について | お問い合わせ

CopyRight (c) 2007- 琉球大学映画研究会 All Right Reserved.